1. HOME
  2. 基礎クラック補修

基礎クラック補修

既存木造住宅の基礎クラック補修

既存木造住宅の基礎クラックを簡単補修

基礎クラック(ひび割れ)を放置しておくと、基礎内の鉄筋が錆びるなどし耐力が急激に低下する原因となります。
補修キットで基礎のひび割れを2液性のエポキシ樹脂で補修し基礎を一体化します。

  • ・クラックの拡張を防ぐ
  • ・クラックからの雨水などの侵入を防ぐ
  1. 1. 床下側のクラックの確認

    基礎のひび割れ部分を床下と外側から確認します。

    床下側のクラックの確認
  2. 2. クラック表面の補修(床下側)

    床下側のひび割れを充填剤で塞ぎます。

    2. クラック表面の補修(床下側)
  3. 3. エポキシ注入穴の作成

    外側のひび割れ部分に接着剤の注入口を開けます。

    3. エポキシ注入穴の作成
  4. 4.エポキシの注入

    注入口を残しひび割れ部分を充填剤で塞ぎます。

    4.エポキシの注入
  5. 5.注入口を塞ぐ

    注入穴を充填剤で塞ぎます。

    5.注入口を塞ぐ
  6. 6.乾燥して完了

    その後、乾燥させて完了です。

    6.乾燥して完了

※クラックが不同沈下が主な原因の場合や無筋基礎の場合については対応できません



TEL:054-282-2010

受付時間 平日8:30~17:00


お問い合わせフォーム 営業エリア

シロアリの被害について ダイチョーのシロアリ駆除

Copyrights c DAICHO 2013 All Rights Reserved.